自分で勉強していけるならフリーランスになるのがおすすめ

ITエンジニアなら、フリーランスになれば収入が大きく増えます。問題は営業です。仕事が途絶えたら収入がなくなります。かえって収入が悪くなるかもしれません。

しかし、近年は状況が良くなりました。業界全体の人手不足に加え、営業代行してくれるサービスがあります。転職エージェントと同じような、フリーランスのエージェントです。会社員とそれほど変わりない働き方で、フリーランスとして活動することができます。
自ら勉強していける人材ならフリーランスになることをおすすめします。

フリーランスはITエンジニアとして高収入になる一番の近道

ITエンジニアで収入を高めていくには、次の選択肢があります。

  • 優良企業に務める(大手SIer、SNSゲーム会社etc)
  • 起業して成功を収める
  • フリーランスになる

1つ目は難関です。まず優良企業に入社しなければなりません。そして強力なライバルに囲まれて、彼らより能力のあるところを人事に見せつけなければいけません。
2つ目は一番儲かる方法ですが、成功者はごくわずかです。

一番間口が広いのが「フリーランスになる」という選択肢です。フリーランスは自営業のことなので、なろうと思えば誰でもなれます
一方、会社員に比べて次のような問題はあります。

  • 案件を取ってこれなければ収入が0になる
  • 個人事業主としての税務手続き

いま、この2つは非常にクリアしやすくなっています。

フリーランス向け求人サービスで仕事を見つけられる

ITエンジニアは営業が苦手です。それをカバーするサービスはとても多いです。
特に、業界内の人手不足が顕著になっている昨今、フリーランスを各社にマッチングしてくれるサービスが好調です。これらは転職サービスと同じような形で仕事先を斡旋してくれます。営業で一番大変な「取引先を見つける」というところを代わってやってもらえるのです。

もちろん、クライアントに取引してもらうために最終的な面談は自分で行う必要があります。しかし面談相手は技術を知っている人が同席している場合が多いです。システムエンジニアの用語で話せる相手です。営業の問題はかなり乗り越えやすいと言えます。

無事案件が見つかると、エージェント各社は毎月のマージンを取ることで収益をあげます。案件が長く続けばそれだけエージェントにとって利益となるので、案件開始後のフォローアップも受けることができます。環境の悪さや人間関係の問題など、直接現場に言いにくいことも営業を通じて現場にクレームすることができます。直接上司に言うしかない会社員よりも良いかもしれません。

税務手続きはむしろメリット

個人事業主として活動する場合、確定申告は自分で行う必要があります。会社が年末調整で行ってくれていた部分です。とても面倒なイメージがあります。

でも、実はまったく難しくありません。
確定申告は個人事業主なら必ずやっているものです。個人商店の店主や、お寺のお坊さんもしています。全くわからないなら税理士に丸投げもできます。間違えても税金をすこし多めに取られるだけで、捕まったり訴えられたりはしません。

システムエンジニアは自分の知らない業務システムを一から要件定義し、設計し、作っています。それに比べれば確定申告は設計まで終わっていて、ドキュメントも揃っています。

むしろ、仕事に関わるお金を減らすチャンスです。経費計上すれば、そのぶん税金がかからなくなります。世の中のあらゆるサービスが実質的に2〜3割引きになります。

  • IT技術書の購入費
  • 取引先との飲み会代
  • PC購入費用
  • などなど、仕事や自己研鑽に関わるすべての費用

サラリーマンだと経費計上できません。自営業の特権です。

フリーランスでも不安定ではない

サラリーマンなら会社が雇ってくれているという安心感があります。
会社そのものがなくなったりリストラされたり、それほど安定とは言えない時代ではありますが、実際にITエンジニアがレイオフされたという事例はすくないです。会社がなくなる場合、開発部門まるごと別会社に採用されて雇用そのものは維持される、ということすらあります。

同じように、フリーランスとの契約が終了したという事例もそれほど多くありません。
非正規雇用と同じく、いつでも切れるのが会社側のメリットです。しかし、業界全体が人手不足の状態が10年以上続いています。新しく人を見つけるのは労力がかかるので、継続して発注することは多いです。実力があるほど仕事はなくなりにくくなります。

フリーランスは全く不安定ではなく、能力があれば安定とすら言えます。その能力もレアなものではありません。「自己研鑽し、現場と時代についていける」、それだけの能力で十分評価されます。
これはITエンジニアなら普通にやっていることでしょう。

また、やってみてからフリーランスに向いていないとわかっても、就職し直すことは可能です。転職に失敗したので再度転職する、というのと変わるところはありません。

エージェントには話を聞いてみるだけでもOK

個別の不安はフリーランスのエージェントに話を聞くと解決しやすいです。
エージェントに申し込んでも、必ずしもフリーランスにならなければならないというわけではありません。メリット・デメリットを検討した上で、フリーランスにならずに転職する、という判断になっても良いのです。

エージェント各社は情報収集だけの人でも話を聞いてもらえます。

おすすめのエージェント

【レバテックフリーランス】

  1. Web業界内でトップクラスの案件数・高単価
  2. 案件参画中のフォローが充実。フォロー専門担当が在籍
  3. 発注元とのコネクションによるレバテックだけの非公開求人

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

ギークスジョブ

  1. 業界実績15年、取引企業数3,000社、登録エンジニア数12,000名
  2. フリーランス協会賛助会員。フリーランスの福利厚生を強く支援
  3. 発注元とのコネクションによるギークスだけの非公開求人

フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

ポテパンフリーランス

  1. 高単価の直請け案件多数
  2. エージェントはエンジニアなので話が通じやすい
  3. カウンセリングによるキャリアプランの支援

詳しくはこちら